滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ取材記録パックナンバー>学習プログラム 取材記録
取材記録 バックナンバー
学習プログラム 取材記録 取材日:2017/05/27
プログラム名 431.洗堰レトロカフェ
プログラム登録者 1201.佐々木 和之
目的 旧瀬田川洗堰の利活用と住民・行政の交流
 5月27日、大津市南郷にて開催の「洗堰レトロカフェ」を取材してきました!梅雨の季節を前にして少しずつ暑さが増してきましたが、取材当日は風が気持ちよく吹き、雲が日差しを弱めてくれる快適な日でした。
 南郷洗堰(旧瀬田川洗堰)は、昭和36年、現在の瀬田川洗堰が完成してからは役目を終え、大部分が撤去されたことで現役時の姿とは大きく異なるものとなっています。その後年月がたつほどに、当時の風景が忘れ去られて行くなか、旧堰に親しみをもってもらうことや、川と住民の方をつなぐ場になることを願い、「洗堰レトロカフェ」が始動したとのことです。旧堰は瀬田川の東岸から突き出す形で一部分が残されており、普段は立入禁止となっていますが、「洗堰レトロカフェ」は特別に許可を得た上で、旧堰上にて開催されます。
 この洗堰レトロカフェを立ち上げたのは、元・琵琶湖河川レンジャーの佐々木さん。佐々木さんが中心となり、大学生スタッフとともに企画を作り上げています。お伺いしたこの日は、1日体験ボランティアとして立命館大学から5名の学生さんがいらしていました。

◇カフェに見られる多くの「こだわり」
 設営が午前中に行われ、13時からカフェがオープンされます。この日は旧堰の上ではなく、その手前にある小さな広場に設営がされました。レンガ造りの古びた旧堰が目の前に見える風景も、趣きがあって素敵です。
 備品に注目してみると、茶色のチェック模様で統一されたテーブルクロス、刺繍入りのエプロン、かわいらしく書き込まれた看板やカフェメニュー……と、これらはすべて、これまでに関わってこられた大学生スタッフのアイデアが反映されているとのこと。細かいところまでスタッフの工夫や配慮が行き届いており、落ち着きのあるおしゃれなオープンカフェ、といったようなイメージができあがっています。
 メニューを拝見すると、コーヒー・紅茶・ココア・りんごジュースがそれぞれ揃えられていました。私も1杯注文させていただけるということでしたので、りんごジュースをいただきました。なんと青森県から直接仕入れたりんごジュースだそう!「カフェを開くからには提供する飲み物にもこだわりたい、と思って品物を選んでいます」と、佐々木さんが仰っていました。気持ち良い風が吹くなか、瀬田川を一望しながらいただくこだわりの飲み物は、よりいっそうおいしく感じられました。

◇カフェオープン後の様子
 土曜日ということもあり、開催場所の目の前にある施設「アクア琵琶」「ウォーターステーション琵琶」への来館者や、散歩中の通りすがりの方々など、多くの方が足を止めていく様子が見られました。家族連れやお友達連れなど幅広い層の方が来場され、ほぼ満席になったタイミングも。パラソルや木陰の下で涼みながら談笑が交わされる雰囲気がとても和やかで、時間がゆるやかに過ぎていくような感覚になりました。
 来場者と交流していく中では、地域の方から瀬田川や旧洗堰に関連する思い出話を聞けることもあるといいます。「洗堰レトロカフェ」は、このようにして地域の方々の思い出が紡がれていく場にもなっているようです。

◇飛び入りコンサートの始まり!
 この「洗堰レトロカフェ」、来場者に飲み物を提供するだけではありません。学生たちのアイデアで、ミニコンサートを企画することもあるそうです。それを聞いた筆者も、ここにBGMが加わればきっと楽しい空間になるだろうな……と、想像を膨らませていました。
 すると、満席に近づくほどカフェが賑わってきた頃……突然、飛び入りコンサートが始まりました!いらっしゃったのは、ウォーターステーション琵琶の会として活動中である「笛吹童爺」のメンバーの方。こうして時折、笛の演奏に来てくださるそうです。よし笛を使って、「琵琶湖周航の歌」をはじめ、我々にとって馴染みの深い曲をいくらか演奏してくださりました。ゆったりと聴き入る来訪者の方々の姿がとても印象的でした。

◇取材者よりひとこと
 今日もやってるね!と話しかける常連の方、よし笛の魅力を伝える演奏者の方、コンサートに拍手を贈る来場者の方、大学生スタッフに声をかける通りすがりの方……など、地域の方々が交流する瞬間をたくさん見ることができました。人と人、人と自然、そして人と歴史がつながることのできる素敵な場となっています。
 南郷洗堰の上が一般開放されるのは、この「洗堰レトロカフェ」開催時のみです。昔の人々が残した遺産に触れられる貴重な機会。それでいてオープンな雰囲気なので、ぜひ多くの方に気軽に訪れていただきたいなあと思います。

環境学習推進員 片山瑞木

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
洗堰レトロカフェは、原則毎月第4土曜日の午後に開催されています。
※2017年3月より、開催曜日が変更になりました!※
洗堰レトロカフェのHPでご確認ください。
http://retrocafe.info