滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ取材記録パックナンバー>学習プログラム 取材記録
取材記録 バックナンバー
学習プログラム 取材記録 取材日:2017/04/22
プログラム名 489.びわ湖で春を感じよう!
プログラム登録者 A0810.特定非営利活動法人 絵本による街づくりの会
目的 絵本から広がる「出会い」「体験」「感動」をテーマに、自然体験と絵本(読書)を結びます。絵本を入り口に自然とふれあい、自然体験をとおして学びます。
 NPO法人絵本による街づくりの会は、「絵本から広がる 出会い・体験・感動」をモットーに、絵本のある交流活動を通して豊かな心を育む街づくりを行っています。
 今回は、琵琶湖のほとりで季節を感じ、自然に触れる体験をするプログラム「びわ湖で春を感じよう!」に参加してきました。会場となった社会福祉法人 虹の会「ドリーム・あんです」は、眺めもよく、直ぐ琵琶湖に触れられる抜群のロケーション。穏やかな天気にも恵まれ、気持ちのよい活動となりました。

プログラム内容
 1.ピザをつくろう!& おはなし会(2時間)
 ヨモギを生地に練りこんだピザを作りました。発酵の間は、「ピザだいすき!」「琵琶湖の水鳥」の絵本を読んでもらったり、手遊びをして待ちました。具材を好きな形に並べたら、石釜で順番に焼いてもらいました。琵琶湖を眺めながら「いただきます!」
 2.びわ湖の春を感じよう(1時間)
 目の前の琵琶湖で、石投げをしたり、湖岸のよもぎを摘んだりして遊びました。ハマダイコン掘りには大人も子どもも大喜びでした。琵琶湖で洗ってかじってみる人もいました。
 3.歌とおはなし会(1時間)
 まずは、ハーモニカに合わせ「春が来た」「春の小川」を歌いました。次は、地元がモデルになったお話や、人間と生きものが仲良く暮らすお話の紙芝居でした。この紙芝居の後は「ぼくらはみんな生きている」の歌詞をちょっと考えながら歌いました。メダカや琵琶湖のお魚の話、沖島に伝わるビワコオオナマズの昔話もありました。最後は、高島市今津で誕生した「琵琶湖周航の歌」を全員で歌いました。

 子どもたちは、絵本をきっかけに自然に興味を持ったり、逆に自然体験から興味を持って本で調べたりしていました。絵本と自然体験が双方向に結ばれていることを目の当たりにしました。また、幅広い年齢の人が一緒に楽しめる交流活動となっていました。環境の視点を加えた街づくり活動は、参加しやすい環境学習の形だと思いました。

  環境学習推進員 鵜飼菜香