滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ図書・ビデオ・パネル検索>図書・ビデオ・パネル検索結果一覧
図書・ビデオ・パネル検索
96件の情報が検索されました。
検索条件:[分野:環境全般]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |
分類 図書
番号 E-35
タイトル 危機せまる地域
サブタイトル 世界環境地図1
分野 自然環境 | 水環境 | 大気環境 | 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | エネルギー | 産業と環境 | 歴史と環境 | 環境全般
作成年度 1994年
概要 私たちを取り囲む自然環境は、とても傷つきやすいです。実際、人間が自分たちの都合のいいように環境資源を利用し続けた結果、環境問題が生まれ、人間自身も危険にさらされてしまう事態をつくりだしてしまいました。
地球上のさまざまな地域をおびやかす諸問題を取り上げ、問題が起こった原因や、問題視される理由、そして解決策を探ります。

【目次】
はじめに
この地図の使い方
世界地図
南アメリカ
熱帯雨林の破壊
中央アメリカと西インド諸島
アメリカ合衆国
カナダとアラスカ州
スカンジナビア半島
西ヨーロッパ
地中海地方
東ヨーロッパ
水質汚染
北部アフリカ
砂漠化
中央アフリカと南部アフリカ
西南アジア
湾岸戦争
ロシア連邦と近隣諸国
インドと近隣諸国
森林破壊と土壌侵食
中国・日本と近隣諸国
東南アジア
オーストラリアとニュージーランド
太平洋の島々
温暖化
北極圏
南極圏
用語集と、もっと調べたい人へ

【発行】
小蜂書店

【その他】
A4変形 カラー印刷 64ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 E-39
タイトル 地球からの手紙
サブタイトル
分野 自然環境 | 地球環境 | 産業と環境 | 歴史と環境 | 生活と環境 | 環境全般
作成年度 1995年
概要 美しい惑星、地球は、今や人類によって壊されつつある――そんな内容から始まる手紙が、火星の大統領のもとに届きました。火星から地球を調査しにやってきた査察官からの手紙です。人間が生きるために、便利さを求めて為してきたこと、そしてその結果、現在の地球環境に起こっている問題について教えてくれます。
1993年、イギリスにて開催されたロイアルメール手紙コンクールの小学校上級の部1位受賞作、井本由紀さんの作品を絵本にしました。

【発行】
文化出版局

【その他】
B5 カラー印刷 23ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-181
タイトル 森に生きる動物たち
サブタイトル 自然の中の人間シリーズ[森と人間編]6
分野 自然環境 | 地球環境 | 産業と環境 | 環境全般
作成年度 1989年
概要 人間は森林とどう関わってきたのか、この先、森林とどうつきあっていけばいいのか・・・環境を守るためには、人間と森林の関わりを知った上で、自然とのよりよい付き合い方を考えていく必要があります。この本では、動物と植物、違う種類の動物どうしがどのように関わり、生態系を保っているのか、という点に主に注目していきます。研究者ならではの巧みな表現で、自然の法則をやさしく解説した本です。

【目次】
・日本列島に動物の種類が多いのは、北方系と南方系が共存しているから
・動物たちは森の中で、種ごとにすみ分けて生活している
・鳥はその種ごとに、さまざまな巣をつくる
・森のおきては厳しいが、食べられるほうがそれだけ繁殖する力は強い
・動物は巣を中心になわばりと、その外側に決まった行動圏がある
・いそがしく働いた時間の後で、ゆっくり休める場所は森しかない
・フクロウはたくさんのネズミをつかまえる夜の狩人
・おいしい木の実は、動物に種子を遠くまで運んでもらうための運賃
・木の実を貯蔵したまま忘れるのんきな動物も、植物の繁殖に役立つ
・数十年ぶりにササが実をつけ、ノネズミが増える
・なぜか大発生の後に起こる不思議な大量死、そして適正な数にもどる
・法律で守られたニホンカモシカは絶滅寸前からまた勢いをもり返した
・増えすぎたカモシカがヒノキの若芽を食べている
・森が動物を養える能力は、森が持っている食物の量による
・野生動物を正しく管理するには、生息数を知らなければならない
・フィールドサインは、動物とその隠密行動をはっきり物語っている
・造林地を動物の害から守るために、いろいろな防止法がとられる
・一長一短のある方法をうまく組み合わせ、森林を守る努力が続く
・豊かな森林は、たくさんの植物や動物によって成り立つ

【著者】
関 勝

【発行】
農産漁村文化協会

【その他】
A4 カラー印刷 39ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-179
タイトル アウトドア観察図鑑
サブタイトル
分野 自然環境 | 地球環境 | 産業と環境 | 生活と環境 | 環境全般
作成年度 1994年
概要 自然の中にはどんな生き物が住んでいるのでしょう?雑木林、沼地、岩山・・・その場所の環境によって、住んでいる生き物の種類は大きく異なります。この本では、虫や鳥などの動物から、花や草などの植物までと、幅広く紹介しています。さらには、同じ環境に共存する生き物の関わりも知ることができます。
それぞれの環境に住む生き物を見つけ出す楽しさを体感できる大きな1枚絵と、その生き物のくらしぶりをのぞき見る挿絵が満載の、見どころあふれる図鑑です。

【目次】
雑木林・畑
沼地
郊外

岩山

【発行】
北隆館

【その他】
カラー印刷 31ページ
貸出状況 貸出可能
分類 ビデオ
番号 G-DVD04
タイトル 世界につながる私たちの暮らし もっと!フェアトレード
サブタイトル
分野 地球環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育 | 環境全般
作成年度 2014年
概要 フェアトレードを知っていますか?

「フェアトレード」、直訳すれば「公平な貿易」。現在のグローバルな国際貿易の仕組みは、経済的にも社会的にも弱い立場の開発途上国の人々にとって、時に「アンフェア」で貧困を拡大させるものだという問題意識から、南北の経済格差を解消する「オルタナティブトレード:もう一つの貿易の形」としてフェアトレード運動が始まりました。
フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指ざす「貿易のしくみ」を いいます。
(フェアトレードジャパンホームページより)

私たちが享受する日々の衣食住の豊かさは、もしかしてどこかの世界の貧困につながっていないでしょうか?
プランテーション農業により、安価で大量に生産されたチョコレートやコーヒーなどの食料、またファーストファッションに代表される繊維産業やファッションはもしかすると、私たちの知らない所で、非公正な取引をされ、児童労働が教育の機会を奪い、貧困が世代を超えて連鎖されるような貿易を生んだ結果かもしれません。
このDVDでは、アンフェアトレード(非公正な貿易)の現状と、ではどのようなものを私たちは選び、支えていくべきかが分かります。
お店で商品を手に取られた時に、フェアトレードの文字があるかどうか、一度確認してみてはどうでしょうか?意外と身近な商品に普及していることもあります。

企画・制作:特定非営利法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
上映時間:33分
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-77
タイトル もっと楽しめる 琵琶湖博物館 「湖国と文化」90号(冬)掲載
サブタイトル
分野 環境全般 | その他
作成年度 2000年1月
概要 事前に読んでおいていただくと、琵琶湖博物館の来館時にもっと楽しい体験ができるヒントが満載されています。展示パネルでは説明しきれない各担当学芸員の意図や目的、より深い内容が載っています。

【目次】
無料空間
ディスカバリールーム
情報利用室
図書室
 質問コーナー
屋外展示
水田・畑・生活実験工房

常設展示
A展示室(琵琶湖の生い立ち)
B展示室(人と琵琶湖の歴史)
C展示室(湖の環境と人びとの暮らし、淡水の生きものたち)

深みにはまる
学芸員と話をしましょう
学芸員に質問してみよう
観察会に参加しよう
フィールド観察会
ミュージアム観察会
博物館体験学習
博物館講座と博物館専門講座
そんなあなたへフィールドレポーターのおすすめ

【編集・発行】
滋賀県立琵琶湖博物館

【その他】
B5サイズ、モノクロ印刷、56ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-73
タイトル 続 滋賀の子どものたからばこ
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 産業と環境 | 歴史と環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育 | 環境全般 | その他
作成年度 2015年3月1日 初版第1刷発行
概要 滋賀にはたくさんの宝があります。
宝と言っても、金銀宝石ではありません。
美しい水や琵琶湖、お祭り、伝統、文化、そして人、それらすべてが"たから"です。
この本は、その"たから"を詰めた"たからばこ"です。13名の方が、たからを集めて本にしてくださいました。子どもが主人公になって登場して、家族や友だち、地域の人とやりとりしながら物語が進んでいきます。平易な言葉で書かれルビも振っていますので、小学生も分かりやすく読め、大人も初めての発見がある本です。

【目次】
 「甲賀忍者屋敷」たんけん (西堀たみ子)
 いのちの水「カバタ」の暮らし (村田はるみ)
 瀬田の唐橋 (近藤きく江)
 彦根鳶 (北村恵美子)
 山岡孫吉さんの思いをつないだディーゼルエンジン (田中純子)
 ぼくらの野洲川ものがたり (上田英津子)
 伊吹のもぐさ (藤谷礼子)
 ほねやさん (平松成美)
 あしあとは宝物? (今関信子)
 ビワマス (一円重紀)
 空飛ぶカメラマン (ほんだまん)
 木之本のお地蔵さん (鈴木幸子)
 巌谷小波 (樋口てい子)

【発行】2015年3月1日 初版第1版刷発行
【編著】滋賀県児童図書研究会
【寄贈】公益財団法人 平和堂財団

全206ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 I-29
タイトル 懐かしい未来 ラダックから学ぶ
サブタイトル
分野 歴史と環境 | 生活と環境 | 環境全般 | その他
作成年度 2011年
概要  ヒマラヤの辺境ラダックにおけるつつましくも豊かな暮らしと、そこに襲い掛かった近代化と開発の嵐。貨幣経済に頼らずに、ほとんどすべての生活を自給自足によってまかなっていた理想郷に突然入り込んだグローバリゼーションの弊害。
 「わたしたちの中に貧困はありません」と胸を張っていた青年が、わずか数年後に「貧しいラダックにはあなたたちの助けが必要なのです」と援助を懇願する。ここには近代化、西欧化の根本的な問題点が、まるでむき出しになった地層のようにあらわにされています。
 貨幣経済が貧富の差をもたらし、グローバル経済が本来不要なものへの欲求を生み出し、人々から時間と幸福を奪う。著者は失われた幸福を惜しむだけではなく、グローバリゼーションの本質と、それを超える道を実証的に明らかにすることを決意します。ラダックに息づく深い伝統的な智恵が、その新たな道を進む鍵であることを示唆しています。

【目次】
第1部 伝統
  1  リトル・チベット
  2  大地とともに生きる
  3 医者とシャーマン
  4 共生
  5 振付けのない踊り
 6 仏教―ひとつの生活様式
7 生の喜び

第2部 変化
  1  西洋の到来
  2  火星からの人びと
  3 この世はお金で回る
  4 ラマからエンジニアへ
  5 西洋式の教育
 6 中心地の引力
7 引き裂かれた人びと

第3部 ラダックに学ぶ
  1  物事に黒白はつけられない
  2 「開発」のごまかし
  3 カウンター・ディベロップメント
  4 ラダック・プロジェクト
 
【著者】
ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ

【発行】
懐かしい未来の本
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-72
タイトル 戦争をやめさせ環境破壊をくいとめる新しい社会のつくり方 エコとピースのオルタナティブ
サブタイトル
分野 自然環境 | 産業と環境 | 環境全般 | その他
作成年度 2005年
概要  この本は、戦争をやめさせ、地球温暖化を中心とする環境破壊をくいとめる、新たな社会づくりの方法について述べたものです。確かに大風呂敷ですが、著者の田中優さんは「問題を解決していくには、大きな視点から問題の原因に迫り、その原因を取り除く方法を考えなければ解決できない」と語ります。「現象に踊らされても、対症療法以上のことはできない。さらに問題を解決していくためのストラテジーが必要だ。ただ問題を分析してみせるだけなら難しくはない。しかしそこから何ができるか、どういう可能性があるかを示せなければ実現には近づかないのだ」、と。
 有名ミュージシャンらの参加で話題を呼んだ「ap bank」など、ユニークな市民運動を次々に立ち上げてきた著者が、環境と平和、そして戦争とお金の関係について、「目からうろこ」な話を展開します。

【目次】
第1章 戦争の原因はエネ・カネ・軍需
第2章 地球温暖化の問題
第3章 エネルギーをシフトする
第4章 カネの問題
第5章 別なカネの使い方
第6章 新たな社会へ

【著者】
田中優

【発行】
合同出版
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-122
タイトル 生物多様性 子どもたちにどう伝えるか
サブタイトル
分野 自然環境 | 地球環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育 | 環境全般
作成年度 2012年
概要  未来に生きる子どもたちにこそ伝えたい、生物多様性の大切さ。そのために大人が知っておきたいこととは? また、それをどうやって子どもたちに伝えていくか?生物多様性の仕組みと魅力を6人の専門家がそれぞれの研究成果から解き明かし、生物多様性をどのように残すかを語ります。

【目次】
第1章 生物多様性の伝え方 科学と文化
第2章 生物多様性とどう接していますか
第3章 生物多様性を受け入れる生き方、考え方とは
第4章 生きものの個体を追跡してみると
第5章 子どもたちの幸せのために、里山を通して何を伝えるか
第6章 森の実践から学ぶ生物多様性の保全

【著者】
阿部 健一

【発行】
昭和堂
貸出状況 貸出可能
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |