滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ図書・ビデオ・パネル検索>図書・ビデオ・パネル検索結果一覧
図書・ビデオ・パネル検索
84件の情報が検索されました。
検索条件:[分野:産業と環境]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |
分類 図書
番号 B-54
タイトル びわ湖疏水探究紀行 インクライン編
サブタイトル
分野 水環境 | 産業と環境 | 歴史と環境 | 生活と環境
作成年度 2016年
概要 琵琶湖の水を京都へ送るためにつくられた「琵琶湖疏水」を、建設当時の設計図面や写真記録とともにわかりやすく紹介した児童向けパンフレット。
本冊子ではインクライン(傾斜鉄道)をテーマに取り上げます。

【もくじ】
インクラインとは…
びわ湖疏水年表…「インクライン」はいつ活躍したのか?
蹴上インクライン…現在でも名所!
伏見インクライン…実は、インクラインは伏見にもあった!
インクラインのしくみ…どのようにして動いていたのか?
現在のインクライン

【編集】
琵琶湖疏水アカデミー

【その他】
A4 カラー印刷 26ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 B-53
タイトル 琵琶湖と環境
サブタイトル 未来につなぐ自然と人との共生
分野 自然環境 | 水環境 | 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | 産業と環境 | 歴史と環境 | 生活と環境 | 環境全般
作成年度 2016年
概要 2000年11月〜2010年5月に中日新聞滋賀版に連載されたコラム集。滋賀県立大学環境科学部の教員を中心に、同大学学部生・大学院生・その他職員が、琵琶湖と環境について小学校高学年にもわかる文体でやさしく解説します。
琵琶湖と環境について学ぶ際の入門書にも。

【目次】
第1章 琵琶湖の自然
第2章 琵琶湖周辺の生き物
第3章 琵琶湖と森林
第4章 琵琶湖と暮らし
第5章 琵琶湖と生業
第6章 琵琶湖の環境問題
第7章 琵琶湖をめぐる人々の活動

【編集】
琵琶湖と環境編集委員会

【発行】
サンライズ出版

【その他】
A5 455ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-220
タイトル 学生や市民のための生物多様性読本
サブタイトル
分野 自然環境 | 地球環境 | 産業と環境
作成年度 2013年
概要 生物多様性」分野のすべてを概観し、網羅した1冊。
大学の授業や市民の学習会の教科書として最適です。

【目次】
序章 2000年維持されていた日本の田園風景は戦後の50年で激変した
第1章 生物多様性とは何か
第2章 なぜ生物多様性が重要か
第3章 生物多様性条約と国内法の整備
第4章 生物多様性の危機
第5章 生物多様性と日本の自然
第6章 自然再生
第7章 生物多様性を守る条約や法律
第8章 生物多様性保全に向けての新しい動き

【著者】
上赤博文

【発行】
南方新社

【その他】
A5 225ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 E-43
タイトル 今日からはじめる地球の守りかた
サブタイトル ぼくたち・わたしたちの地球温暖化問題
分野 自然環境 | 水環境 | 大気環境 | 地球環境 | エネルギー | 産業と環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 2008年
概要 地球温暖化が起きる原因やしくみから、気象や生態系への影響、この問題に対して私たちにできる対策など、地球温暖化について理解するための情報が詰まった一冊。総合学習にも最適です。

【目次】
1.地球がだんだん暑くなる
地球温暖化って、なに?
温室効果ガスの正体
わたしたちは、化石燃料をもやしている
緑の革命を望むなら
大気中の二酸化炭素濃度の上昇
二酸化炭素と気温
極地の氷がとける
枯れた森と美しい森
海は二酸化炭素を吸い取るスポンジ
わたしたちの二酸化炭素排出量

2.おかしな、おかしな、おかしな天気
どんどん強くなるハリケーン
ひどくなる洪水
かわく地球
猛暑の夏
浜辺の未来
アメリカの国立公園では
身近で起きること

3.絶滅する動物たち
絶滅が多く見られる場所
セイウチ、ペンギン、ホッキョクグマがいなくなる
色白のサンゴ
チョウたちはどこへ?

4.地球温暖化防止のために、みんなにできる行動
地球を散らかしている国
電球型けい光灯を使おう
電源をぬこう
スーパーのレジぶくろをやめよう
炭素のリサイクル
学校の省エネ
知恵を出そう
ハイブリッド
代替エネルギー
電力のいろいろ
あなたの将来の職業
そのほかにできること

【著者】
ローリー・デイヴィッド
カンブリア・ゴードン

【訳】
朝倉和子

【発行】
小学館

【その他】
B5変形 カラー印刷 112ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-140
タイトル 空気をきれいにするためにできること
サブタイトル 環境教育実践シリーズ 地球のためにわたしたちにできること5
分野 大気環境 | 地球環境 | エネルギー | 産業と環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 1994年
概要 環境問題を解決するために、わたしたちにどんなことができるのでしょうか。実際に調査や実験をしたり、見学やインタビューで知識を深めたりするなど、調べものから実験まで、環境学習の方法が数多く紹介された本です。この巻では大気汚染について学べます。
「教科対応マーク」によって、ページの内容と学校の教科との関係を示しているので、授業や宿題にも役立てることができます。

【目次】
第1章  空気ってなんだろう
どんなときに空気をかんじる?
すう空気と、はく空気はおなじものなの?
なぜ二酸化炭素ばかりにならないの?
もし、地球全体の気温があがったら!?
フロンガスとオゾン層の破壊

第2章  空気のよごれをみてみよう
きょうはどこまでみえるかな 景色と星の観察
空気のよごれをあつめる
こんなことやってみた 環境活動報告
排気ガスが植物にあたえる影響
アサガオがおしえてくれる空気のよごれ

第3章  よごれのもとをたどる
快適なくらしとエネルギー
エネルギーのいま・むかし
やってみよう 省エネルギー大作戦
町の「省エネ・むだエネ」
人間の活動が空気をよごしている

第4章  空気をよごさないためにできること
酸性雨ってどんな雨?
身近な酸性雨の被害
光化学スモッグについて討論する
空気をよごさないために 1
空気をよごさないために 2

【発行】
ポプラ社

【その他】
A4変形 カラー印刷 47ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-139
タイトル リサイクルのためにできること
サブタイトル 環境教育実践シリーズ 地球のためにわたしたちにできること3
分野 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | 産業と環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 1994年
概要 環境問題を解決するために、わたしたちにどんなことができるのでしょうか。実際に調査や実験をしたり、見学やインタビューで知識を深めたりするなど、調べものから実験まで、環境学習の方法が数多く紹介された本です。この巻ではリサイクルについて学べます。
「教科対応マーク」によって、ページの内容と学校の教科との関係を示しているので、授業や宿題にも役立てることができます。

【目次】
第1章  もえるごみのリサイクル
再利用しているものに何があるかな?
生ゴミのリサイクル
紙のリサイクルのしくみをしろう
紙ゴミのリサイクル
リサイクルのむずかしい紙
オフィスでもすすむ紙のリサイクル

第2章  もえないゴミのリサイクル
プラスチックのリサイクルのしくみをしろう
プラスチックを再利用しよう
かんのリサイクルのしくみをしろう
あきかんを再利用しよう
びんのリサイクルのしくみをしろう
びんを再利用しよう

第3章  きみにもできるリサイクル
交かん、修理、レンタルだってみんなリサイクルだ!
布のリサイクルのしくみをしろう
洋服のリフォーム
まだまだつかえる粗大ゴミ
中古自転車がきれいになるまで
木の机がうまれかわるまで
パンクの修理
あそばないおもちゃはどうしてる?
リサイクル・アート
こんなことやってみた 環境活動報告


【発行】
ポプラ社

【その他】
A4変形 カラー印刷 47ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-138
タイトル ゴミをへらすためにできること
サブタイトル 環境教育実践シリーズ 地球のためにわたしたちにできること2
分野 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | 産業と環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 1994年
概要 環境問題を解決するために、わたしたちにどんなことができるのでしょうか。実際に調査や実験をしたり、見学やインタビューで知識を深めたりするなど、調べものから実験まで、環境学習の方法が数多く紹介された本です。この巻ではごみ問題について学べます。
「教科対応マーク」によって、ページの内容と学校の教科との関係を示しているので、授業や宿題にも役立てることができます。

【目次】
第1章  ゴミっていったいなんだろう
自分が出すゴミの量
どんな種類のゴミがあるのかな?
買う店による包装のちがいをくらべよう
おばあさんに、むかしの買い物についてきく
自分の町のゴミマップ
ぼくたちのクリーン作戦
ゴミはどこにいくのだろう
ゴミの終着点−うめたて地
ゴミをただしく分別しよう

第2章  ゴミをへらすためにできること
紙 紙の役だち度をチェックしよう
紙は何からできているか
紙をむだづかいしないために
プラスチック 家のなかのプラスチックをさがせ
プラスチックは何からできているか
プラスチック製品をすてない!
かんとびん つめかえできる製品はあるのかな?
かん・びんは何でできているの
もえないゴミのだしかた・へらしかた

第3章  そのまますてたらあぶない!
あぶないものには何がある?
ただしいゴミのだしかた
各地のゴミへのとりくみ
産業廃棄物って何?

【発行】
ポプラ社

【その他】
A4変形 カラー印刷 47ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-137
タイトル 水をきれいにするためにできること
サブタイトル 環境教育実践シリーズ 地球のためにわたしたちにできること1
分野 水環境 | 地球環境 | 産業と環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 1994年
概要 環境問題を解決するために、わたしたちにどんなことができるのでしょうか。実際に調査や実験をしたり、見学やインタビューで知識を深めたりするなど、調べものから実験まで、環境学習の方法が数多く紹介された本です。この巻では水環境について学べます。
「教科対応マーク」によって、ページの内容と学校の教科との関係を示しているので、授業や宿題にも役立てることができます。

【目次】
第1章 水道水はどこからくるの?
 水道水のもとをたどってみよう
 のみ水の製造工場―浄水場
 人類ののみ水の歴史
 地球の水は循環している
 毎日つかう水の量をしらべてみよう
 家の中でできること

第2章 家庭からでるよごれた水はどこへ
 川のよごれをさぐってみよう
 川の水質をしらべよう
 水をきれいにする―下水処理場
 下水処理場をとおらない排水をしらべよう
 川のよごれの原因の70%が生活排水
 ながされる水のよごれをみてみよう
 こんなことやってみた 環境活動報告
 清流をとりもどすために

第3章 よごれをへらすためにできること
 排水のよごれをすくなくしよう
 水のよごれをとる方法
 合成洗剤ってなんだろう
 合成洗剤の動物にあたえる影響をしらべる
 合成洗剤と石けんはどうちがうの?
 廃油から石けんをつくろう
 薬品をつかわないくふうをしよう

【発行】
ポプラ社

【その他】
A4変形 カラー印刷 47ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 I-39
タイトル 地域素材活用 生活工芸大百科
サブタイトル
分野 自然環境 | 産業と環境 | 歴史と環境 | 生活と環境
作成年度 2016年
概要 経済性・効率性が求められる近年では、身近な自然素材で作られた手づくりの生活工芸品は、プラスチックや化学繊維でつくられたものに置き換わってきています。かつては生活に欠かせない生活用品として盛んに作られていたにも関わらず、すっかり忘れ去られてしまうほど使われなくなった工芸品も少なくありません。
かつての日本人に慣れ親しまれた50あまりの素材について総論的に紹介する他、各伝統工芸の歴史や製法などを専門家が解説します。

【目次】
藍/茜/草木染/木通/蔓・草・樹皮で編む/麻/?/亜麻/稲ワラ/犬槐/イボタロウムシ/漆/蚕/柿渋/苧/黄柏/桐/樟・大樟/梔子/黒文字/ケナフ/楮/黄麻/榊/樒/七島藺/科の木/車輪梅/棕櫚/除虫菊/杉/木製家具/加工品/木製食器/調理器具/栴檀/竹/椿/栃の木/白膠木/芭蕉/櫨/羊/瓢箪/藤/紅花/ドライフラワー/押し花/松/水木/三椏/和紙/麦わら/紫草/山桜/棉/

【発行】
農文協

【その他】
B5 595ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 B-52
タイトル 琵琶湖は呼吸する
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 大気環境 | 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | エネルギー | 産業と環境 | 歴史と環境 | 生活と環境 | 環境全般
作成年度 2015年
概要 琵琶湖に関する最新データ・研究をもとに、琵琶湖の歴史や自然環境における役割、現状や課題など、琵琶湖の全体像を見つめなおし、問題提起へつなぐ一冊です。
2013年春より約1年間寄稿された新聞連載「検証・琵琶湖」を基に書籍化。

【目次】
1章 琵琶湖は地球の鏡
2章 劇的にへんかした琵琶湖の環境
3章 琵琶湖のおいたちを探る その1
4章 琵琶湖のおいたちを探る その2
5章 水の動き 「密度流」と「還流」
6章 琵琶湖の気候緩和作用
7章 琵琶湖の活断層と地震
8章 森林の果たす役割 その1
9章 森林の果たす役割 その2
10章 水鳥の越冬地・琵琶湖
11章 琵琶湖の沿岸帯 その役割
12章 琵琶湖の固有魚と水産業
13章 エリ漁にみる環境の変化
14章 外来魚による被害と加害
15章 琵琶湖の富栄養化
16章 水草と琵琶湖の水質
17章 琵琶湖総合開発と水位調節
18章 内湖の消失と再生
19章 湖底の酸素濃度低下
20章 生態系の変化
21章 琵琶湖のエネルギー
22章 琵琶湖を守っていくために
23章 地球温暖化と異常気象

【著者】
熊谷道夫
浜端悦治
奥田昇

【発行】
海鳴社

【その他】
A5 180ページ
貸出状況 貸出可能
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |