滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ図書・ビデオ・パネル検索>図書・ビデオ・パネル検索結果一覧
図書・ビデオ・パネル検索
163件の情報が検索されました。
検索条件:[分野:地球環境]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |
分類 図書
番号 K-17-05
タイトル 滋賀県低炭素社会づくり推進計画 2017年改定版
サブタイトル
分野 地球環境 | エネルギー | 環境白書・報告書
作成年度 2017年
概要 平成24年度に策定された「滋賀県低炭素社会づくり推進計画」の、2017年3月の改定を反映した計画内容

【目次】
第1章 基本的事項
第2章 地球温暖化対策の現状および取組等
第3章 基本的な方針と目標
第4章 緩和策の取組
第5章 適応策の取組
第6章 県の事務事業における取組
第7章 計画の進行管理
資料編

【発行】
滋賀県

【その他】
A4サイズ 68ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 E-45
タイトル 地球環境問題がよくわかる本
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 大気環境 | 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | エネルギー | 生活と環境 | 環境全般
作成年度 2017年
概要 今の地球環境や身近な環境がどのようになっているのか、これからどうなっていくと考えられているのかを紹介し、地球環境問題の原因と私たちの暮らしとのかかわりについてわかりやすく解説。

【目次】
1.地球と人間
2.地球の気温が上がるのは止められるのか
3.原子力発電は必要なのか
4.空気はきれいになってきたのか
5.川や湖や海はきれいになってきたのか
6.土や地下水の汚れはなくなってきたのか
7.森や生き物は守られ、砂漠は減ってきたのか
8.資源消費やゴミは減ってきたのか
9.食料・食品は今のままでよいのか
10.アレルギーは減らせるのか
11.紛争・戦争は最大の環境破壊
12.地球にやさしい社会をつくるために

【著者】
浦野紘平、浦野真弥

【発行】
オーム社

【その他】
A5サイズ 188ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-230
タイトル みんなが知りたい!日本の「絶滅危惧」動物がわかる本
サブタイトル
分野 自然環境 | 地球環境
作成年度 2017年
概要 環境省が指定する「絶滅危惧IA類」「絶滅危惧IB類」を中心に、絶滅が危ぶまれている日本の動物たちを紹介します。生態や生息環境、絶滅しそうな理由、絶滅を防ぐために取り組まれている活動などを解説。小学生から。


【目次】
絶滅危惧種ってなに?
日本の動物にもしのびよる絶滅のおそれ
どうして動物の数が減っているの?
絶滅しかけている動物を守ろう

ほ乳類/鳥類/爬虫類・両生類/汽水・淡水魚類/昆虫類/貝類・その他


【監修】
今泉忠明

【発行】
メイツ出版

【その他】
A5 カラー印刷 127ページ
貸出状況 貸出可能
分類 ビデオ
番号 E-DVD09
タイトル なぜ防げないの!地球温暖化
サブタイトル 小学生(高学年)向け
分野 地球環境
作成年度 2016年
概要 身近な地球温暖化による現象、地球温暖化でどうなるか、地球温暖化がなぜ起きるか、地球温暖化を防ぐにはという内容を、小学生高学年向けに解説している。

年平均気温の上昇のグラフ、海水面上昇のグラフ、ドイツの取り組みの映像がある。
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 I-44
タイトル はじめてのエシカル
サブタイトル 人、自然、未来にやさしい暮らしかた
分野 地球環境 | 生活と環境
作成年度 2016年
概要 私たちの生活に欠かせない食物や衣服。中には外国産のものも多く流通していますが、これらが作られている現場や輸入の過程について、皆さんは考えたことがありますか?私たちの生活が、人や環境にどのような影響を与えているのかを知り、どのような行動ができるのかを提案してくれる1冊です。

【もくじ】
1  知ることが未来を変えるパワーになります
2  地球と動物のためにできること
3  世界を見て出会った、新しい未来の変え方
4  「一羽の蝶」の暮らしが。世界を変える
5  100人の一歩

【著者】
末吉里花

【発行】
山川出版社

【その他】
B6 カラー印刷 143ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 E-45
タイトル 環境を守る森をつくる
サブタイトル
分野 自然環境 | 大気環境 | 地球環境 | 生活と環境
作成年度 2016年
概要 公害を防いだり、居住環境を守る役割をもつ「環境保全林」。その調査研究等で活動を続けてきた著者が、環境保全林のつくり方からはたらきまでを解説。

【目次】
第1章 環境を守る森をつくるにあたって
  1 環境保全林とは
  2 樹種の選定 どんな樹種がいいか
  3 主な樹種の特性
  4 環境保全林の形態
  5 環境保全林の到達目標とは?
  6 環境保全林の問題点
第2章 環境保全林づくりの手法
  1 ふるさとの木を知る、森をしらべる
  2 森作りの目標を定める
  3 苗木を準備する
  4 ポット苗を育てる
  5 苗木の病気と外来生物に気をつける
  6 植える場所を整える
  7 苗木を植える、みんなで植える
  8 森を管理する
  9 森の生長を調べる
  10 環境に配慮する
第3章 環境保全林のつくりとはたらき
  1 落葉量とその年変動と季節変化
  2 落葉の分解
  3 大気を浄化するはたらき
  4 環境保全林の防音・減音機能
  5 樹木の温度緩和のはたらき
  6 照葉樹自然林や都市近郊二次林との比較
  7 環境保全林の自然性の度合いを土壌生物で測る


【著者】
原田洋、矢ケ崎朋樹

【発行】
海青社

【その他】
B6 157ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 B-53
タイトル 琵琶湖と環境
サブタイトル 未来につなぐ自然と人との共生
分野 自然環境 | 水環境 | 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | 産業と環境 | 歴史と環境 | 生活と環境 | 環境全般
作成年度 2016年
概要 2000年11月〜2010年5月に中日新聞滋賀版に連載されたコラム集。滋賀県立大学環境科学部の教員を中心に、同大学学部生・大学院生・その他職員が、琵琶湖と環境について小学校高学年にもわかる文体でやさしく解説します。
琵琶湖と環境について学ぶ際の入門書にも。

【目次】
第1章 琵琶湖の自然
第2章 琵琶湖周辺の生き物
第3章 琵琶湖と森林
第4章 琵琶湖と暮らし
第5章 琵琶湖と生業
第6章 琵琶湖の環境問題
第7章 琵琶湖をめぐる人々の活動

【編集】
琵琶湖と環境編集委員会

【発行】
サンライズ出版

【その他】
A5 455ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-224
タイトル 淡水魚保全の挑戦
サブタイトル 水辺のにぎわいを取り戻す理念と実践
分野 自然環境 | 水環境 | 地球環境
作成年度 2016年
概要 淡水魚の保全を進めていくための理論と実践、実践事例に見られる現状と課題をまとめた1冊。

【目次】
第I部 日本産魚類の危機と保全
 第1章 レッドデータブックからみた日本産魚類の危機
 第2章 保全手法としての放流-その有効性と危険性-

第II部 魚類の積極的保全事例
 第3章 ミヤコタナゴ野生個体群を長期的に存続させるために
 第4章 イタセンパラ:生息地再生と野生復帰プロジェクト
 第5章 シナイモツゴとゼニタナゴの永続的な保全をめざす戦略と取り組み
 第6章 ウシモツゴ:決してあきらめない外来種対策
 第7章 イチモンジタナゴ:地域とともに将来につなぐ
 第8章 行政、市民、研究者の連携による保全と再導入:絶滅危惧種ヒナモロコ
 第9章 生物学への探究心と郷土の宝を守る心-環境教育としての調査活動-
 第10章 ポルトガルの絶滅危惧コイ科魚類の保全に向けた“自然的”生息域外繁殖と再導入

第III部 魚類を本当に増やすには
 第11章 野生復帰を目指した生息域外保全:水族館の役割と限界
 第12章 環境改善-人工構造物が作る生息環境-
 第13章 外来魚類対策:侵略的サケ科魚類に焦点を当てて
 第14章 積極的保全:何を目指し、どのように守っていくか?

付録 生物多様性の保全をめざした魚類の放流ガイドライン

【編者】
日本魚類学会自然保護委員会

【責任編集】
渡辺勝敏・森誠一

【発行】
東海大学出版部

【その他】
A5 327ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-222
タイトル 外来生物ずかん
サブタイトル
分野 自然環境 | 地球環境
作成年度 2016年
概要 他の国や地域から持ち込まれるなどして、もともとその土地にいなかった生物が住み着いてしまったという「外来生物」。これらは世界中で大きな問題になっています。この「外来生物」とは何か、なぜ問題になっているのかをわかりやすく解説したうえで、日本にいる「外来生物」を紹介します。

【目次】
外来生物とは何か
  外来生物ってどんな生きもの?
  外来生物がやって来るとどうなるの?
  外来生物はどこにいる?
  外来生物はどこから来たの?
  渡り鳥は在来生物
  外来生物が起こす問題って?
  でも外来生物は悪い生きものではない!
外来生物ずかん
  ずかんの見方
  ほ乳類/鳥類/は虫類/両生類/魚類/昆虫類/クモ類/甲かく類/貝類/植物
外来生物問題への取り組み
  法律による規制やガイドラインづくり
  さまざまな防除方法
  知ってもらうための取り組み
  外来生物防除レポート 井の頭公園の池のかいぼり
  外来生物問題を防ぐには
コラム
  日本の生物も、外国では侵略的外来生物
  身のまわりで外来生物を探そう!!

【編著】
ネイチャー&サイエンス

【出版】
ほるぷ出版
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-220
タイトル 学生や市民のための生物多様性読本
サブタイトル
分野 自然環境 | 地球環境 | 産業と環境
作成年度 2013年
概要 生物多様性」分野のすべてを概観し、網羅した1冊。
大学の授業や市民の学習会の教科書として最適です。

【目次】
序章 2000年維持されていた日本の田園風景は戦後の50年で激変した
第1章 生物多様性とは何か
第2章 なぜ生物多様性が重要か
第3章 生物多様性条約と国内法の整備
第4章 生物多様性の危機
第5章 生物多様性と日本の自然
第6章 自然再生
第7章 生物多様性を守る条約や法律
第8章 生物多様性保全に向けての新しい動き

【著者】
上赤博文

【発行】
南方新社

【その他】
A5 225ページ
貸出状況 貸出可能
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 |