滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ図書・ビデオ・パネル検索>図書・ビデオ・パネル検索結果一覧
図書・ビデオ・パネル検索
189件の情報が検索されました。
検索条件:[分野:水環境]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |
分類 図書
番号 B-56
タイトル 水と日本人
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 歴史と環境
作成年度 2018年
概要 著者:鳥越皓之

日本人が水について直面している課題の解決の手がかりを先人たちの知恵から探り,そこに創造性を見出してそれぞれの地域の生活の実態に根ざした方策を考えようという本。「衛生的でまずい水」ではなく「健康的でうまい水」を飲みながら暮らしていくためにはどうすれば良いか?「水の有機農業」「里川」「ローカル・ルール」といった著者ならではの視点から、私たちがこれから進むべき方向性を論じています。

【目次】
第1章 上水道を選ばない生活から見えるもの
第2章 伝統的水利用のかたち
第3章 水の神と人とのコミュニケーション
第4章 湧き水とともに暮らす意味
第5章 水場の公園化
第6章 水辺のコミュニティの暮らし
第7章 水の景観と観光
第8章 水をきれいにするとはどういうことか−里川から考える"
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 B-56
タイトル 琵琶湖ハンドブック 三訂版
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 2018年3月
概要 1章 琵琶湖のあらまし
2章 琵琶湖を食べる・遊ぶ・学ぶ
3章 琵琶湖と人の歴史
4章 琵琶湖と人の暮らし
5章 琵琶湖の地形と歴史
6章 琵琶湖の気候と水循環
7章 琵琶湖と生き物
8章 琵琶湖と水質
9章 琵琶湖の水利用と水害
10章 琵琶湖と法令・しくみ等

【発行】
滋賀県 琵琶湖環境部 琵琶湖保全再生課

【その他】
A5 カラー印刷 256ページ

70冊あり
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 L-15-04
タイトル 琵琶湖の漁業 いま・むかし
サブタイトル 琵琶湖博物館ブックレット4
分野 自然環境 | 水環境
作成年度 2017年
概要 琵琶湖博物館ブックレットC
山根 猛著

【発行】
サンライズ出版

【その他】
B5 カラー印刷 118ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 L-15-02
タイトル 湖と川の寄生虫たち
サブタイトル 琵琶湖博物館ブックレット2
分野 自然環境 | 水環境
作成年度 2016年
概要 琵琶湖博物館ブックレットA
浦部美佐子著

【発行】
サンライズ出版

【その他】
B5 カラー印刷 109ページ
サンライズ出版
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 E-46
タイトル 地球環境問題がよくわかる本
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 大気環境 | 廃棄物・リサイクル | 地球環境 | エネルギー | 生活と環境 | 環境全般
作成年度 2017年
概要 今の地球環境や身近な環境がどのようになっているのか、これからどうなっていくと考えられているのかを紹介し、地球環境問題の原因と私たちの暮らしとのかかわりについてわかりやすく解説。

【目次】
1.地球と人間
2.地球の気温が上がるのは止められるのか
3.原子力発電は必要なのか
4.空気はきれいになってきたのか
5.川や湖や海はきれいになってきたのか
6.土や地下水の汚れはなくなってきたのか
7.森や生き物は守られ、砂漠は減ってきたのか
8.資源消費やゴミは減ってきたのか
9.食料・食品は今のままでよいのか
10.アレルギーは減らせるのか
11.紛争・戦争は最大の環境破壊
12.地球にやさしい社会をつくるために

【著者】
浦野紘平、浦野真弥

【発行】
オーム社

【その他】
A5サイズ 188ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 B-55
タイトル 水しらべの基礎知識
サブタイトル 環境学習から浄化の実践まで
分野 水環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 2009年
概要 水をテーマにした環境学習をする際に、調査・実験の手順や専用の器具の使い方、こどもや学習者への伝え方などを取りまとめた易しい解説書。

【目次】
第1章 水しらべと環境学習
第2章 飲み水を調べてみよう
第3章 川・湖・海の水を観てみよう(計画〜採水)
第4章 川・湖・海の水質を測ってみよう(計測)
第5章 川・湖・海の水辺を比べてみよう(評価)
第6章 汚れのしくみを調べてみよう
第7章 汚れた水をきれいにしよう
第8章 汚れた川や池をきれいにしよう

参考文献
調査用具・測定器具・試薬などの購入先
索引

【著者】
山田一裕

【発行】
オーム社

【その他】
A5サイズ 176ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-229
タイトル ずかん プランクトン
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境
作成年度 2011年
概要 精細な写真とかわいいイラストとともに、プランクトンの生態を紹介。
プランクトンに関する豆知識や、採集の仕方・観察の仕方などを解説したコラムも必見です。小学校〜中学校対象。

【目次】
第1章 単細胞生物
第2章 多細胞生物

【監修】
日本プランクトン学会

【発行】
技術評論社

【その他】
B5 カラー印刷 135ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-225
タイトル 琵琶湖湖辺域の外来植物と貴重植物
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 環境白書・報告書
作成年度 2010年
概要 琵琶湖湖辺域に見られる侵略的外来植物の特性や防除方法と、絶滅のおそれがある貴重植物を紹介したハンドブック。

【目次】
I はじめに
  用語説明/防除・保護の留意点
II 特定外来生物
  初期防除の重要性/ミズヒマワリ/ナガエツルノゲイトウ/オオカワヂシャ/オオフサモ/ボタンウキクサ/アレチウリ/オオキンケイギク/外来性アゾラ類/

III 要注意外来生物
  要注意外来生物一覧/キシュウスズメノヒエホテイアオイ/
IV 貴重生物
  ノウルシ/タチスズシロソウ/ハマエンドウ/ミゾコウジュ/ヤナギトラノオ/オニナルコスゲ/ヒメミナキ/カワラサイコ/ハマゴウ/オオマルバノホロシ/コバカノカモメヅル/ヌマゼリ/サデクサ/ヌカボタデ/タコノアシ/ミズトラノオ/ナガバノウナギツカミ/ヤナギヌカボ・サイコクヌカボ/圧迫される貴重生物たち
V 資料
  特定外来生物写真集/引用・参考文献等

【発行】
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター

【その他】
A6 カラー印刷 48ページ
貸出状況 貸出可能
分類 ビデオ
番号 B-DVD21
タイトル 滋賀の水環境ビジネス
サブタイトル 〜琵琶湖で育んだ企業の知恵と技術〜
分野 水環境
作成年度 2017年
概要 ●日本最大の湖「琵琶湖」を預かる滋賀県
関西圏1450万人の暮らしや産業を支える琵琶湖。滋賀県は、下流域に流れる水がよりよい水質となるように閉鎖性水域の水環境保全に取り組みながら、琵琶湖の豊かな水量を利用して企業・工場が集積し、経済発展を遂げてきた。
●経済発展と水環境保全の両立「琵琶湖モデル」
産学官民に蓄積されてきた技術やノウハウに基づき、流域の関係者一体で取り組みを推進してきた。この総合的な取り組みを「琵琶湖モデル」とし、湖沼だけでなく、海、河川、工業団地など様々なシチュエーションに応じて適用することで、様々な水環境課題の解決に貢献することを目指している。
●しが水環境ビジネス推進フォーラム
水環境関連の産業・研究機関の集積やこれまでの保全の取り組みを活かし、新たなビジネスプロジェクト展開を目指すネットワーク組織。(2013年3月設立)
メンバー数2017年1月現在143企業・団体
●メンバー紹介
水処理装置の設計・製造・施工
水環境関連部材の開発・製造
分析、コンサルティング等
その他の分野
大学
産業支援機関等


付録冊子あり

上映時間:22分20秒
発行:滋賀県商工観光労働部商工政策課

2本あり
貸出状況 貸出可能
分類 ビデオ
番号 B-DVD16
タイトル 琵琶湖・淀川水紀行
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 生活と環境
作成年度
概要 琵琶湖から流れ出る唯一の自然の川 瀬田川
瀬田川洗堰→宇治川(京都府)→天ヶ瀬ダム→宇治橋→伏見・淀→山崎
桂川・木津川の合流→淀川(大阪府)→高槻市 鵜殿のヨシハラ→ワンド→淀川大堰
→新淀川・旧淀川(大川)に分かれる→毛馬の閘門→寝屋川の合流→中ノ島→堂島川・土佐堀川に別れる→大阪湾(源流からの距離およそ170km)
上映時間:4分
企画:国土交通省琵琶湖河川事務所
製作:BBC

2本あり
貸出状況 貸出可能
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 |