滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ図書・ビデオ・パネル検索>図書・ビデオ・パネル検索結果一覧
図書・ビデオ・パネル検索
104件の情報が検索されました。
検索条件:[分野:その他]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
分類 図書
番号 M-88
タイトル 未来を変える目標 SDGsアイデアブック
サブタイトル
分野 自然環境 | 環境学習/教育 | 環境全般 | その他
作成年度 2018年
概要 編:Think the Earth

2015年9月、193の国連加盟国の全会一致によって2030年までの「持続可能な開発のための目標 Sustainable Development Goals: SDGsが採択されました。一方、日本では小・中・高等学校の新学習指導要領に持続可能な社会の創り手の育成が学校の役割であると明記されました。いま、国内外で、あらゆる領域でSDGsへの取り組みが広がっています。本書はSDGsをわかりやすく、楽しく知ってもらうために、インフォグラフィックや写真、マンガなどを使い、17個の目標の説明、優れたアイデアに焦点を当てた世界の活動34事例を紹介。また、環境問題や金融、福祉、テクノロジーの専門家など14名の執筆者のコラムも掲載し、読者の学びの心を刺激する本です。

【目次】
17個の目標と「未来を変えたアイデア」(貧困をなくそう 
飢餓をゼロに 
すべての人に健康と福祉を 
質の高い教育をみんなに 
ジェンダー平等を実現しよう 
安全な水とトイレを世界中に 
エネルギーをみんなに そしてクリーンに 
働きがいも経済成長も 
産業と技術革新の基盤をつくろう 
人や国の不平等をなくそう 
住み続けられるまちづくりを
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう
平和と公正をすべての人に
パートナーシップで目標を達成しよう
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-86
タイトル 滋賀県発!持続可能社会への挑戦
サブタイトル 科学と政策をつなぐ
分野 産業と環境 | 生活と環境 | 環境全般 | その他
作成年度 2018年
概要 著者:内藤正明・嘉田由紀子

歴代知事  武村正義氏・國松善次氏 推薦!
「あの赤潮発生以来、こうした専門書が世に出ることを心から願っていました。」

「琵琶湖が市の海に!」それは1977年、大型赤潮発生から始まりました。原因究明から対策立案、そして住民を巻き込んだ「せっけん運動」から「富栄養化防止条例」制定へ。こうした科学と政策の連係プレーで次々と先進的環境政策を推進した滋賀県。その理念と歴史を紐解き原動力に迫る本です。最新の「滋賀モデル」の構築と、原発事故を想定した放射性物質拡散シミュレーションもくわしく紹介しています。

【目次】
第1部 琵琶湖の環境保全をめざして−科学と政策と文化の融合(琵琶湖とは何か−生物進化と湖沼文化の独自性
琵琶湖政策の歴史−近代化における縦割り行政の拡大
琵琶湖の科学研究の発展−総合化への一〇〇年ほか)
第2部 真の持続可能社会をめざす「滋賀モデル」(地域からつくる持続可能社会
持続可能な地域社会の実現シナリオ
持続可能な地域の将来社会像ほか)
第3部 原発事故による放射性物質拡散予測への挑戦(なぜ「卒原発」を滋賀県から提唱したのか−「被害地元」知事の責任と苦悩
放射性物質は滋賀の大気でどのように広がるのか
放射性物質は琵琶湖でどのようにひろがるか ほか)
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-85
タイトル SDGs 国連 世界の未来を変えるための17の目標
サブタイトル 2030年までのゴール
分野 環境全般 | その他
作成年度 2017年
概要 持続可能な社会を目指し、国連が定めた17の目標「SDGs」。これらの目標を1項目ずつ取り上げ、その項目が設定された背景と、目標達成のために世界ではどのような動きが見られるのかを解説しています。また、日本の私立中学校〜高校での取組事例も紹介。
小学校高学年から大人まで、SDGsの入門書として使っていただけます。

【目次】
第1章 17のゴールを使って身のまわりの出来事をとらえる
 出来事をとらえる前に
 17のゴールを使って身のまわりの出来事を探っていこう@ ゴミ
 17のゴールを使って身のまわりの出来事を探っていこうA 買う
 我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ
 SDGsを採択した国際連合って、どんな組織?
第2章 SDGsの目標一つひとつに目を向けていこう
第3章 私学とSDGsを重ねていこう
 SDGsを私学の入試問題と重ねて見る
 2017年に出題されたSDGsと関わる中学入試問題
 SDGsの眼鏡で見る、私学の取り組み
 おわりははじまり

【編集】
日能研

【発行】
みくに出版

【その他】
B5 カラー印刷 127ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 L-15-03
タイトル イタチムシの世界をのぞいてみよう
サブタイトル 琵琶湖博物館ブックレット3
分野 自然環境 | 水環境 | その他
作成年度 2016年
概要 世界最小クラスの多細胞生物である「イタチムシ」。琵琶湖博物館の学芸技師が、「イタチムシ」の生態・特徴・採取法・近隣環境に住む生物等をカラー写真とともに紹介する。

【目次】
01 イタチムシとは
02 イタチムシはイタチムシではない?
03 水田という住処
04 イタチムシの隣人たち
05 水田のイタチムシ
06 湖沼のイタチムシ
07 特殊なイタチムシたち
08 日本で見られるイタチムシたち
09 イタチムシ類の遺伝子解析
10 イタチムシの起源
11 イタチムシを記載する
12 フィールドでの採集をしよう
13 イタチムシの飼育

【著者】
鈴木隆仁

【発行】
サンライズ出版

【その他】
A5 カラー印刷 117ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-82
タイトル おじいさんの夢の時代 南太平洋の島じまのくらし
サブタイトル 子どものための民族学2
分野 その他
作成年度 1992年
概要 「南の島」といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?きれいな青い海、ヤシの木、サンゴ礁・・・もちろんこれらはハワイやグアム島などの南の島にありますから、間違いではありません。しかし、これらはほんの一面でしかありません。オーストラリアやソロモン諸島なども南の島ですが、そこに住んでいる人びとは実際にどのような生活をしているのでしょうか。歴史や伝統の紹介を通じて、南太平洋諸島の人びとのくらしぶりを描いた、子どものための民族学の本です。


【目次】
こしょうがなる国をさがして
南太平洋の大いなるめざめ
南太平洋の島じまの新の発見者たち
商人、宣教師、捕鯨師、そして植民地の支配者たち
王さまの羽マント――ハワイ――
大きな魚とあたらしい人生――ソロモン諸島――
シリニがはじめて市場へいった日――パプア・ニューギニア――
夢の時代の老――北西オーストラリア――
ほろぼされた楽園
もっと知りたい人のために

【著者】
ギーゼラ・フェルガー

【絵】
ガブリエレ・ハーファーマース

【訳】
平野卿子

【発行】
リブリオ出版

【その他】
カラー印刷 96ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-81
タイトル ねずみの友だちから学んだこと 北アメリカのインディアンのくらし
サブタイトル こどものための民族学1
分野 歴史と環境 | その他
作成年度 1992年
概要 「インディアン」ということばを聞くと、どんな人、どんな姿を思い浮かべるでしょうか。彼らのような民族が「インディアン」と呼ばれるにいたった経緯やインディアンの暮らしや文化を、繊細なタッチの挿絵とともに紹介。子どものための民族学の本です。

【目次】
なぜインディアンの人びとは「インディアン」とよばれるようになったのでしょうか
ヨーロッパ人はどのようにしてインディアンのことを知ったのでしょうか
「高層住宅」に住む農民たち
北西岸の彫刻師
発明のとくいな北方の猟師
五大湖のほとりの野生の米のとりいれ
ミシシッピー川流域の大草原と大平原のバイソン(北アメリカの野牛)の猟師
インディアンの人びとはどのように白人からあつかわれたのでしょうか
インディアンの子どもたちも学校にいかなければなりません
ねずみの友だち
インディアンの人びとの現在の生活について、もっと知りたい人のために

【著者】
カリン・フォン・ヴェルク

【絵】
ガブリエレ・ハーファーマース

【訳】
平野卿子

【発行】
リブリオ出版

【その他】
カラー印刷 79ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-80
タイトル はっぱのおうち
サブタイトル
分野 その他
作成年度 1985年
概要 小さな女の子、さちが庭で遊んでいたときのこと。突然、ぽつん、ぽつんと雨が降ってきてしまいました。しかし、さちはあわてません。さちには、りっぱな屋根のついた、はっぱのおうちがあるのです。はっぱのおうちで雨宿りをしていると、そこにお客さんがやってきて――・・・?

【著者】
征矢清

【絵】
林明子

【発行】
福音館書店

【その他】
B5変形 カラー印刷 24ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-79
タイトル ゆき、ゆき
サブタイトル
分野 その他
作成年度 1984年
概要 ある寒い日、雪が降ってきました。雪はみるみるうちにたくさんつもり、あたり一面まっしろに。だいすきな雪を見て、ふたりの子どもは思わず外に飛び出します。
「ゆきって なーに?よく しらないけど、ゆきって とても おもしろいな。」
雪をつかって、ふたりは次々に新しいあそびを思いつきます。かわいらしいイラストを楽しみながら、雪の日のあそびかたの参考にしてみてはいかがですか?

【作・絵】
ロイ・マッキー
P・D・イーストマン

【訳】
きしだえりこ

【発行】
ペンギン社

【その他】
カラー印刷 62ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-78
タイトル えんやら りんごの木
サブタイトル
分野 その他
作成年度 1978年
概要 昔、わらべ唄のリズムは日常的に聞こえてきたものでした。赤ちゃんのためにうたう子守唄、こどものあそび、決まり文句・・・日本のひとつの文化とも言えるわらべ唄は、今、どれほどの人がうたっているでしょうか。わらべ唄を、大人が思い出し、子どもに伝えていくという役割を、この本が担ってくれるかもしれません。

【唄】
松谷みよ子

【絵】
遠藤てるよ

【発行】
偕成社

【その他】
A5変形 カラー印刷 20ページ
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-138
タイトル ちいさいタネ
サブタイトル
分野 自然環境 | その他
作成年度 1990年
概要 秋のある日、強い風がふいてきて、花のタネが空中にとびちりました。この中に、ひとつぶのちいさいタネが混じっています。はたして、このちいさいタネはどこまで飛んでいくのでしょう。タネたちの危険にあふれた冒険を追っていきます。命が受け継がれていくさまを、あざやかな色のイラストで描いた絵本です。

【著者】
エリック=カール

【発行】
偕成社

【その他】
A4変形 カラー印刷 31ページ
貸出状況 貸出可能
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |