滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ図書・ビデオ・パネル検索>図書・ビデオ・パネル検索結果一覧
図書・ビデオ・パネル検索
311件の情報が検索されました。
検索条件:[分野:環境学習/教育]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 |
分類 図書
番号 E-48
タイトル ハチドリのひとしずく
サブタイトル いま、私にできること
分野 地球環境 | 環境学習/教育 | 環境全般
作成年度 2018年
概要 著者:辻信一
南米エクアドルの先住民族の言い伝え……森火事に一滴ずつ水を運ぶ体長7センチのハチドリの答え……私たちも自分にできるひとしずくを見つけて一歩を踏み出そう。本書には、ハチドリ計画を実行中のさまざまな仲間が集合しています。
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-153
タイトル 地域に根ざした学校づくりの源流
サブタイトル 滋賀県島小学校の郷土教育
分野 生活と環境 | 環境学習/教育 | 環境全般
作成年度 2018年
概要 著者:木全清博

【目次】
第1部 昭和戦前期の滋賀県における郷土教育(滋賀県における郷土教育の成立と展開
農村小学校における郷土教育の変容―「科学的」郷土調査から自力更生的実践への転換
滋賀県における戦前郷土読本の刊行状況)
第2部 蒲生郡島小学校における郷土教育の実践(郷土研究と国史・地理教育
農業科における栽培技術教育と島村経済更生計画
郷土の実態調査と家事科の食物教育
家事科における住環境教育)
第3部
子どもから見た郷土教育・労作教育の実態(『島村郷土読本』と児童文集『むべの実』に見る子どもの環境認識
子どもから見た郷土教育における労作体験学習―50年後の聞き取り・アンケート調査)
第4部
島小学校の郷土教育・綜合教授の位置(都市部と農村部における郷土教育の比較―東京・成城小学校、名古屋・南久屋小学校との比較
郷土教育における民俗学的学習材―鳥取・上灘小学校との比較
国民学校期における低学年の綜合教授―東京浅草・富士小学校との比較)
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 A-241
タイトル 絵解きで学べる田んぼの生きもの
サブタイトル
分野 自然環境 | 環境学習/教育
作成年度 2018年
概要 著者:向井康夫

田んぼで見つかるカエルや魚、貝、水生昆虫などを、形や動き、見られる場所といった特徴によって区分けし、絵解き方式で名前が調べられる検索図鑑。田んぼの生き物の捕まえ方や飼育方法、顕微鏡を用いた小さな生物の見分け方も収録。

【目次】
田んぼの1年
田んぼの生き物を捕まえよう
生き物を探そう
観察に便利な道具
田んぼで捕れたその生き物は?
水面にいる
元気に動いている
底にいる
うにょうにょしている
平たい小さな巻貝の仲間 ほか
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 M-88
タイトル 未来を変える目標 SDGsアイデアブック
サブタイトル
分野 自然環境 | 環境学習/教育 | 環境全般 | その他
作成年度 2018年
概要 編:Think the Earth

2015年9月、193の国連加盟国の全会一致によって2030年までの「持続可能な開発のための目標 Sustainable Development Goals: SDGsが採択されました。一方、日本では小・中・高等学校の新学習指導要領に持続可能な社会の創り手の育成が学校の役割であると明記されました。いま、国内外で、あらゆる領域でSDGsへの取り組みが広がっています。本書はSDGsをわかりやすく、楽しく知ってもらうために、インフォグラフィックや写真、マンガなどを使い、17個の目標の説明、優れたアイデアに焦点を当てた世界の活動34事例を紹介。また、環境問題や金融、福祉、テクノロジーの専門家など14名の執筆者のコラムも掲載し、読者の学びの心を刺激する本です。

【目次】
17個の目標と「未来を変えたアイデア」(貧困をなくそう 
飢餓をゼロに 
すべての人に健康と福祉を 
質の高い教育をみんなに 
ジェンダー平等を実現しよう 
安全な水とトイレを世界中に 
エネルギーをみんなに そしてクリーンに 
働きがいも経済成長も 
産業と技術革新の基盤をつくろう 
人や国の不平等をなくそう 
住み続けられるまちづくりを
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを守ろう
陸の豊かさも守ろう
平和と公正をすべての人に
パートナーシップで目標を達成しよう
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-152
タイトル よくわかる環境教育
サブタイトル やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ
分野 自然環境 | 地球環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育 | 環境全般
作成年度 2018年
概要 編:水山光春
【目次】
第1部 環境教育の理論(環境教育の歴史 環境教育の目的 環境教育の要素 環境教育の方法)
第2部 環境教育の対象(家庭と環境 生活と環境 地域と環境 国土と環境 地球の環境 自然と環境 文化と環境 企業と環境)
第3部 環境教育の周辺領域(学校教育とのかかわり ESDと関連する環境教育 外国の環境教育 関連する諸科学 市民として行動する)
第4部 環境教育の実践事例(学校での実践事例 社会での実践事例)
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 E-47
タイトル あなたが世界を変える日
サブタイトル 12歳の少女が環境サミットで語ったスピーチ
分野 地球環境 | 環境学習/教育 | 環境全般
作成年度 2018年
概要 著者:セヴァン・カリス・スズキ

1992年6月11日。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミット。カナダ人の12歳の少女が、いならぶ世界各国のリーダーたちを前にわずか6分間のスピーチをした。そのことばは、人々の強い感動を呼び、世界中をかけめぐり、いつしか「リオの伝説のスピーチ」と呼ばれるようになった。「死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。絶滅した動物をどうやって生き返らせるのか、あなたは知らないでしょう。そして今や砂漠となってしまった場所にどうやって森をよみがえらせるのか、あなたは知らないでしょう。どうやって直すのかわからないものを、こわしつづけるのはもうやめてください。」
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-151
タイトル 子供が地球を愛するために
サブタイトル 改訂版「センス・オブ・ワンダー」ワークブック
分野 自然環境 | 環境学習/教育
作成年度 2018年
概要 著者:マリナ・ラチェッキ

子育て、教育にかかわるすべての人に贈る。レイチェル・カーソン「センス・オブ・ワンダー」を身につけるための自然体験活動マニュアル。最優秀環境図書賞受賞作。

【目次】
好奇心(たのしい冒険−子供の好奇心を育む遊びや野外活動
アバーウォッキー−想像力や好奇心を使い、自然のなかへの「センス・オブ・ワンダー」ハイクに出かける ほか)
探検(天敵と獲物−環境への気づきや正しい理解、知識を育むゲーム
釣れた!−子どもたちに野外技術を伝えながら自然を探検する ほか)
発見(春の甘いめぐみ−四季の変化の不思議に気づく
炎の贈り物−焚き火を楽しみ競技することの楽しさを発見する ほか)
シェアリング(わかちあい)(ペンギンのチャック−物語や音楽・ダンスを楽しみながら自然をわかちあう
ロープの上で−ネイチャーセンターで行われている環境教育や冒険プログラム ほか)
情熱(ジョン・ミュアーの足跡−エコヒーローから学びを授かり地球に対するビジョンを持つ
ブルドーザーと委員会室−気づいたことを行動へ ほか)"
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-150
タイトル Place-Based Edcation 地域に根ざした教育
サブタイトル
分野 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 2018年
概要 著者:高野孝子

PBE=Place Based Edcation。「非場所化」と隣り合わせのグローバル人材育成。PISAの点数を競い合う学校教育。その「地元を捨てさせる教育」から地域に根ざした「スローな教育」へ、第一線の内外専門家が現代社会を俯瞰する。「学べば学ぶほど地域が好きになる教育」から「自然保護活動とPBE」、さらにアラスカでの「文化に責任をもつ学校(Cultural Responsive Schools)」、ノルウェーの「フルリフスリフ(野外に親しむ暮らし)」など、内外の事例と分析が満載。

【目次】
第1章 地域に根ざした教育とは(プロジェクトの概要とPBEの国際的な議論
環境教育組織論覚書
地域あるいは場での環境学習の意義−職業と仕事、学校と家庭・地域、学びと遊び
自然保護運動にPBEを探る
学べば学ぶほどに地域が好きになる教育
欠かせない生態系サービスの視点)
第2章 海外ゲストの主張(ストーリースレッド−場所と物語を用いた教育
「マオ有機農場」の取り組み
グローバル時代の教育について
毎日の暮らしの中にある学び
「場の教育」の展望
第3章 日本と世界の論点(「自然を返せ」という運動
体験が持つ価値と重要性
アラスカ先住民の知識体系
フリルフスリフ−ノルウェーから世界への贈り物
聖杯を探して−科学、教育、持続可能性の探求
教育から始まる持続可能な社会づくり
都市社会における野外体験活動と持続可能性のための学び
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 J-149
タイトル センス・オブ・ワンダー
サブタイトル
分野 自然環境 | 環境学習/教育
作成年度 2018年
概要 著者:レイチェル・カーソン
訳者:上遠恵子

子どもたちへの一番大切な贈りもの。美しいもの、未知なもの、神秘的なものに目を見はる感性「センス・オブ・ワンダー」を育むために、子どもと一緒に自然を探検し、発見の喜びに胸をときめかせる。化学薬品による環境汚染にいち早く警鐘を鳴らした書として、いまも多くの人々に読み継がれている名著『沈黙の春』の著者レイチェル・カーソンの遺作として、彼女の友人たちによって出版されたのが本書です。
貸出状況 貸出可能
分類 図書
番号 B-56
タイトル 琵琶湖ハンドブック 三訂版
サブタイトル
分野 自然環境 | 水環境 | 生活と環境 | 環境学習/教育
作成年度 2018年3月
概要 1章 琵琶湖のあらまし
2章 琵琶湖を食べる・遊ぶ・学ぶ
3章 琵琶湖と人の歴史
4章 琵琶湖と人の暮らし
5章 琵琶湖の地形と歴史
6章 琵琶湖の気候と水循環
7章 琵琶湖と生き物
8章 琵琶湖と水質
9章 琵琶湖の水利用と水害
10章 琵琶湖と法令・しくみ等

【発行】
滋賀県 琵琶湖環境部 琵琶湖保全再生課

【その他】
A5 カラー印刷 256ページ

70冊あり
1冊貸し出し中2018/7/18返却予定
貸出状況 貸出可能
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 |