滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ学習プログラム検索>学習プログラム検索一覧
学習プログラム検索 情報の登録をされる方へ
分野アイコン一覧
31件の情報が検索されました。
検索条件: [分野:エネルギー]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 |
484.未来のびわ湖人育成のための学習支援事業
びわ湖の環境を学び、びわ湖を愛し、次の世代へ残していくために自分で考え行動するびわ湖人へと成長していくことを目的としています。
[対象:小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
481.あゆっこ エコチャレンジ(地球温暖化とその対策)
近年の地球温暖化は、人間の活動に伴う二酸化炭素の大量排出によるものである、と明確になりました。このまま温暖化が続くと、自然環境と人間生活に取り返しのつかないことになると心配されています。地球温暖化とその防止について子供の頃から学び、理解を深め、温暖化防止の生活を身に着け、習慣化することが求められています。
[対象:小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
477. 環境学習プログラム 小学校高学年以上対象 出前講座
(注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. 究極のエコバッグ
@くらしの中でごみについてまなび、減らす行動につなげる
A日本の文化ともいえる、ふろしきの活用、包み方を体験することによって、「もったいない」の心、工夫を見つけ出す
2. 水物語
@水の飲み比べ体験を行うことによって、ミネラルウォターと水道水がそれほど差異のないことを体感する
Aミネラルウォーターマイレージを認識し、不必要に購入しない意識を持つとともに、ライフスタイルを見直す
3. びわ湖-美しさと豊かさを永遠に
@びわ湖の現状を知る
Aびわ湖に起こりつつある変化について学ぶ
B将来も美しく豊かなびわ湖であるため、今自分ができることを考える
4. きのこのはなし
@きのこを観察を通して温暖化がもたらす影響を知る
5. まだ間に合う私たちの未来
@過去・現在・未来の減少・予測を学ぶ
A未来に起こるであろう現象に対し危機感を抱く
B危機を払しょくするためには、私たちは何をすべきかを考え、行動する
6. あっとホーム
@多くの家電製品を使用していることに気づく
A自分たちが実践できる省エネルギーな暮らし方を見つけ出す
7. もっと知ってよ!温暖化のこと
@標準家庭から排出される二酸化炭素の量を楽しく簡単に計算することによって、CO2排出量を身近なものとして捉える
Aごみを出しても水を使用しても、CO2が発生することを学ぶ
Bいろいろな省エネ行動が、CO2削減にどれだけ貢献できるか、グループ内討議を通して理解する
C自分にもできる省エネ行動の実行をうながす
8. 食とエネルギー
@私たちを支える食生活と環境のつながりを学ぶ
A地球温暖化問題の観点から、今自分たちでできることは何かを考え、行動する
9. 再生可能エネルギー
@エネルギーの意味を理解する
A自然の持つ力を知り、再生可能エネルギーの多様性を知る
B自分たちで取組めることを考える
[対象:小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
476. 環境学習プログラム 小学校中学年以上対象 出前講座
(注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. 雲をつくってみよう
@実験を通して雨や風などの身近な自然現象に関心を持つ
A温暖化が自然現象に与える影響を考える
2. 紙玉てっぽう
@身近な素材を利用して、遊びの道具を自分の力で作りだす
Aのこぎり等の本物の道具の取り扱いを体験する
Bうまく飛ぶように工夫する
C遊びながら環境について考える
3. イサザくんの危機
@びわ湖に生息するイサザ(絶滅危惧種)の生態を知る
A地球温暖化がイサザに及ぼす影響を考える
4. 私は、なあに? 〜節電の工夫をしよう〜
@自分たちの身の回りにはたくさんの家電製品があり、電気を多く使っていることを知る
A家電製品の節電の工夫を知り、自分のできる節電方法を見つけ出す。
[対象:小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
478. 環境学習プログラム 高校生以上対象 出前講座
(注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. グリーンカーテンで夏を楽しもう
@ゴーヤーなどのグリーンカーテンの効果を知る
A種からのゴーヤーの育て方を学ぶ
2. エコの種をとりもどそう
@日常生活の中での、電気使用量の変化に気づく
A日常生活の中で、自分にあった節電方法を見つけ出す
3. デートプランニングゲーム
@デートという若者の興味を通して、日頃の生活でエコな意識を持つようにする
Aどれがエコかを比較できる力を身につける
B広い視野で温暖化問題を考えることの重要性を理解する
[対象:高校生 大学生 社会人 職場]
[エリア:全域]
475.環境学習プログラム 小学生以上対象 出前講座
(注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. 火おこし(小型・大型)体験
@ マッチやライターのない時代の人たちが、どのようにして火をおこしていたかを学ぶ
Aエネルギーの原点である火の大切さを学ぶ
2. ソーラークッカー
@地球温暖化を防ぐ再生可能エネルギーとして注目を浴びる太陽熱、その凄さを実感する
A太陽熱は天候に左右されることを理解する
3. 紙竹トンボ
@不要資材の再利用によって、もったいないの考えを知る
Aエネルギーを使ったおもちゃではなく手作りの工作と工夫する楽しさを知る
4. 的あて節電ゲーム
@ゲームを通して省エネ生活を考える
A家族一体となって生活の見直しの大切さを知る
5. お買い物ゲーム
@買い物の疑似体験を通して、環境にやさしいお買い物について考える
A選んで買うことが、エコにどうつながるのかを学ぶ
B子どもたちが学習した内容を家庭で伝えることにより、大人たちにもグリーン購入の理解と行動を促す
6. ごみわけゲーム
@リサイクルできるゴミを、きちんと分けることにより資源になることを知る
Aマークの見方を学ぶ
7. ペーパーパズル
@パズルの絵を合わせて、環境に関するキーワードを学ぶ
A家に持ち帰ることにより、家族も環境について考えるきっかけにする
Bパズルの合わせ方を、子どもたち同士が教え合うことで主体的に活動する
8. エコキューブ
@身近な材料を使い自分で作るので大切にする気持ちが芽生える
A小学校低学年から、」また親子の場合なら、就学前も参加でき、幅広い年齢層で一緒に楽しみながら地球温暖化防止について学ぶ
9. CHANGE -電気について考えてみよう-
@自分たちが、無意識のうちに電気に依存した暮らしをしていることに気づく
A電気に頼らない暮らし方を考えていけるように意識を変える
10. エネルギーって何?その働きを考えよう
@家庭で使うエネルギーの種類と働きを知る
A家庭で多くのエネルギーを使っていることに気づき大切に使うことを学ぶ
[対象:小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
474.環境学習プログラム 小学生対象 出前講座
(注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. エコバズーカ -空気の力を知ろう-
@見えない空気の流れ・強さを感じ取る。飛び出す空気の強さは変えられるのか
Aもっとも効果のあるCO2削減行動はどれか学ぶ
2. エコビンゴ
@日常活動の中のエコ行動を意識する
Aエコ行動への参加意思を確認する
Bエコキッズ認定書を授与することで、さらに今後のエコ行動を促す
[対象:小学生(低学年) 小学生(高学年)]
[エリア:全域]
473.環境学習プログラム 幼児対象 出前講座
(注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. 省エネ体操(夏バージョン)
@幼児が、節電(特に夏)について学ぶ
A歌(きらきら星)と振り付けで、歌いながら省エネ行動を身につける
2. ゴーヤーカーテン
@ゴーヤーなどのグリーンカーテンの効果を知る
Aゴーヤーがいのちをつなぐ様子を理解する
B食べものの大切さを知る
3. オナモミダーツ
@身近な植物に触れることによって、その生物の生きてゆくための知恵や能力(ネイチャーテクノロジー)とそれを生かした遊びから、生物多様性の重要性に気づく
A滋賀県固有種の生物や省エネ活動の絵柄を的にした遊びから、環境を守る意識を持つ
4. ムダッチをさがせ
@あらら家の中のムダ探しをしながら自分の生活をふりかえる
A自分でムダッチシールを貼り付けることで、エネルギーのムダ使いを再確認する
Bムダ探しだけでなく、子どもの自由な発想から良いところも見つけ出すことができ、幅広く環境問題について考える
[対象:幼児]
[エリア:全域]
471.みんなでまもろう、地球と大津の環境
地球温暖化の問題を広く理解し、具体的な行動に結びつけていただくための普及・啓発
[対象:小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会 その他]
[エリア:大津・志賀]
462. UCC滋賀工場工場見学 ファクトリーツアー
 環境保全に配慮した飲料製品づくりを見学し、飲料容器原料使用量の削減や容器材調達方法の変更により輸送に伴うCO2削減の具体例を学びます。また工場の製造工程で排出されるコーヒーの抽出かすを燃料に活用する「バイオマスボイラー」についても学びます。
[対象:小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 職場 自治会]
[エリア:全域]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 |