滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ学習プログラム検索学習プログラム検索一覧>学習プログラム詳細
学習プログラム検索 情報の登録をされる方へ
分野アイコン一覧

プログラム登録者 A0502.滋賀県地球温暖化防止活動推進センター
   
プログラム名 477. 環境学習プログラム 小学校高学年以上対象 出前講座
目的 (注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. 究極のエコバッグ
@くらしの中でごみについてまなび、減らす行動につなげる
A日本の文化ともいえる、ふろしきの活用、包み方を体験することによって、「もったいない」の心、工夫を見つけ出す
2. 水物語
@水の飲み比べ体験を行うことによって、ミネラルウォターと水道水がそれほど差異のないことを体感する
Aミネラルウォーターマイレージを認識し、不必要に購入しない意識を持つとともに、ライフスタイルを見直す
3. びわ湖-美しさと豊かさを永遠に
@びわ湖の現状を知る
Aびわ湖に起こりつつある変化について学ぶ
B将来も美しく豊かなびわ湖であるため、今自分ができることを考える
4. きのこのはなし
@きのこを観察を通して温暖化がもたらす影響を知る
5. まだ間に合う私たちの未来
@過去・現在・未来の減少・予測を学ぶ
A未来に起こるであろう現象に対し危機感を抱く
B危機を払しょくするためには、私たちは何をすべきかを考え、行動する
6. あっとホーム
@多くの家電製品を使用していることに気づく
A自分たちが実践できる省エネルギーな暮らし方を見つけ出す
7. もっと知ってよ!温暖化のこと
@標準家庭から排出される二酸化炭素の量を楽しく簡単に計算することによって、CO2排出量を身近なものとして捉える
Aごみを出しても水を使用しても、CO2が発生することを学ぶ
Bいろいろな省エネ行動が、CO2削減にどれだけ貢献できるか、グループ内討議を通して理解する
C自分にもできる省エネ行動の実行をうながす
8. 食とエネルギー
@私たちを支える食生活と環境のつながりを学ぶ
A地球温暖化問題の観点から、今自分たちでできることは何かを考え、行動する
9. 再生可能エネルギー
@エネルギーの意味を理解する
A自然の持つ力を知り、再生可能エネルギーの多様性を知る
B自分たちで取組めることを考える
プログラム概要 (注)それぞれのプログラムは単独で申込が可能です。
1. 究極のエコバッグ
受講者数:30人くらいまで、講座形式:ワークショップ、所要時間:90分、テーマ:ゴミ・買物・温暖化
2. 水物語
受講者数:20-40人、講座形式:ワークショップ、所要時間:約60分、テーマ:食べもの
3. びわ湖-美しさと豊かさを永遠に
受講者数:20人程度、講座形式:おはなし、所要時間:約45分、テーマ:いきもの
4. きのこのはなし
受講者数:20人程度、講座形式:おはなし、所要時間:約20分、テーマ:いきもの
5. まだ間に合う私たちの未来
受講者数:10-50人、講座形式:おはなし、所要時間:約450分、テーマ:温暖化
6. あっとホーム
受講者数:10-50人、講座形式:ワークショップ、所要時間:約40分、テーマ:省エネ・節電
7. もっと知ってよ!温暖化のこと
受講者数:20-40人、講座形式:ワークショップ、所要時間:90分、テーマ:エネルギー・省エネ・節電
8. 食とエネルギー
受講者数:20-40人程度、講座形式:ワークショップ、所要時間:約90分、テーマ:エネルギー・食べもの
9. 再生可能エネルギー
受講者数:30人程度、講座形式:おはなし、所要時間:40分、テーマ:エネルギー
活動状況    究極のエコバッグ  水物語
分野

自然
環境
(きのこ)
水環境

廃棄物

地球
環境
(温暖化)
エネ
ルギー

産業と
環境

生活と
環境
対象
活動地域
施設・会場
実施時期 1年中実施可
所要時間  
参加者定員 人程度
活動の種類 講義、ワークショップ
このプログラムのおすすめポイント  
協力アドバイザー等  
効果を高めるためのアレンジ  
その他注意点
(危険度等)
 
使用機材、資材、準備項目  
必要経費(概算)  
必要な申請、許認可など  
スタッフ(必要人数・準備期間)  
過去の実績  
   
この環境学習プログラムを登録者に依頼して実施する場合 参加費用:
申込手続き方法:1か月前までに、滋賀県地球温暖化防止活動センターに、「出前講座申込書」に記入の上申し込んでください。
http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0102demae/entry.html
申込多数の場合は先着順とします。
お問い合わせ先・お申込先
滋賀県地球温暖化防止活動推進センター
〒525-0066
草津市矢橋町字帰帆2108番地 淡海環境プラザ(公財)淡海環境保全財団内
TEL:077-569-5301 FAX:077-569-5304 E-mail:ondanka@ohmi.or.jp
受付条件:それぞれのプログラムは単独で申込可能です。
滋賀県内ならどこでもお受けします。(例:学校、公民館、自治会、子供会、NPO、企業、各種イベント等)
その他:出前講座には、地球温暖化防止活動推進員または滋賀県地球温暖化防止活動センター職員が行きます。
教材の詳細については、
地球温暖化防止のための環境学習教材集」(PDF形式)
を参照してください。
http://www.ohmi.or.jp/ondanka/01center/0102demae/kyouzaishu3.pdf
関連情報

取材記録

同じ分野の人材・講師 ・同じエリアの人材・講師 ・同じ対象の人材・講師

同じ分野の環境学習講座 ・同じエリアの環境学習講座

関連図書・ビデオ・パネル検索