滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ教えてくれる人たちの検索>教えてくれる人たちの検索一覧
人材・講師検索 情報の登録をされる方へ
分野アイコン一覧
76件の情報が検索されました。
検索条件: [エリア:湖北]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
A1702 滋賀県 琵琶湖環境部 琵琶湖政策課
・小学校をはじめとして、各地に出向いて琵琶湖の環境について教える出前講座を実施しています。
・草津市下物町にある「下物ビオトープ」での自然観察会を実施しています。
[対象:幼児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
1703. 森井 清仁
日野川流域探検隊(2014〜)
みずすまし水田観察会(2014〜)
自治会などの観察会(不定期)
[対象:幼児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
1702.山本 充孝
1.滋賀県の水産業
2.琵琶湖産アユのなわばりと攻撃行動
3.琵琶湖産アユの友釣り
4.魚のお医者さん
5.琵琶湖の外来魚問題の現状
6.外来魚釣り・解剖教室(材料・道具・器具が必要)
[対象:小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
1701.中野 栄美子
環境学習支援士の資格を持ち、森林保全、水環境保全、低炭素社会づくりなど、環境と社会にまたがる課題の本質的な解決に向けて幅広く活動しています。

1999年 淡海渉外カレッジ(環境滋賀の風・大津市環境サポーター)
2000年〜2002年 湖沼会議市民ネット 事務局(第9回境湖沼会議)
2001年 滋賀県環境家計簿審議委員
2002年 エコスタイル選考委員 (滋賀県)
2003年 世界水フォーラム(こども水フォーラム滋賀県ボランティアスタッフ)
2003年〜2005年 びわこフローティングスクールサポーター(環境ボランティア)
2003年〜2005年 守山社会福祉協議会
絵本読み聞かせボランティア(小学校にて)・子育てサポーター
2004年〜2006年 滋賀県社会教育委員
2006年〜 エミリンの絵本トーク主宰
2006年〜 Let’sエミコロジー 主宰
2006年 滋賀県・森づくり事業 広報TV番組
「森の精ボズーからの手紙 〜びわ湖森林づくりサポート」案内役
2007年  Co2ダイエットコンテストinおうみ (地球温暖化防止センター、環境省委託事業)審査委員
2009年〜2011/3  水源の里まいばら元気みらいづくり小冊子作成委員 (米原市教育委員会)
2011年〜 滋賀県琵琶湖レジャー適正化審議会委員 (滋賀県琵琶湖環境部)
[対象:幼児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
1608. 宮田 彬
1976年 長崎県生物学会出版「対馬の生物」(960頁)の編集責任者をつとめる。
1979〜1983年 トヨタ財団の助成を受け、大分県内10ヶ所に二段式誘蛾灯を設置し県内の蛾相と分布、出現時期を調べる。
1990〜1995年 マレーヒア・インドネシアのカエルのトリパノゾーマを調べ、アフリカ睡眠病病原体のルーツは、東南アジアのカエルのトリパノゾーマであったことを解明。
定年退官後2003〜2012年 九重町地蔵原(大分県)に私設九重虫研究所をつくり、少年時代から好きだった昆虫の生態観察に没頭した。かたわらその10年間に、現地で採集した全標本を「タイムカプセル」として保存。
大分に永久にそれらをあずることのできる施設が無いので琵琶湖博物館に寄贈し、特別研究員として4年をかけて全ての標本に博物館番号をつけた。
自然観察の成果は「九重昆虫記」としてエッチエスケー出版より1〜9巻として出版。
10〜11巻の原稿が、現在企画展いて展示中。
[対象:小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人]
[エリア:全域]
1606.はやし ますみ
普段は絵本作家として、絵本の制作活動をしています。
生きものがたくさん登場するオリジナル絵本(『たんぼレストラン』、『ねーねーのしっぽ』、『とんとんとんだれですか』など)のストーリーをもとにした、画材や紙製品等を使って工作するワークショップをご用意しています。

図書館や書店をはじめとした各地施設での実施経歴があり、主に小学生以下のお子さんを中心に参加していただいています。


過去に行ったワークショップ(括弧内は実際の参加人数)

○生きものいっぱいの池を作ろう
 実施場所:草津市立南草津図書館(約25人)
        甲賀市こども未来課(約25人)

○いきもののぼり
 実施場所:安土小学校親子フォーラム(約100人)
        恵文社バンビオ店(約40人)

○ぱくぱくパペット
 実施場所:関西各地の書店(10〜20人)

○ゆらんゆらん流木のモビール
 実施場所:関西各地のギャラリー(3〜10人)

○とんとん扉とびっくりお面で遊ぼう
 実施場所:福知山市立図書館(約30人)
        中津川えほんジャンボリー(約50人)

○とんとん扉のびっくりカード
 実施場所:主に関西各地の書店(5〜15人)
[対象:幼児 小学生(低学年) 小学生(高学年)]
[エリア:全域]
1605. 中西 康介
・田んぼ、水路、川、池などの水辺の生き物の観察会や調査研究
・昆虫の採集、標本の作製
・野外生活、工作の指導
生物多様性生態系保全に関する講演
[対象:幼児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
A1603.(株)エフエム滋賀
[滋賀]コスモアースコンシャスアクト クリーンキャンペーン ―湖や公園を舞台に自然と親しみながら行う清掃活動―を毎年主催しています。

2016年6月4日
 参加者数  218名
 可燃ゴミ   54袋
 不燃ゴミ  295袋
 総量   15,705L
 
※全国での、2001年から前日(2016年6月3日)までの実施状況
 実施会場  594か所
 参加者数  227,780人
 ゴミ回収量 6,306,492L
[対象:幼児 小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
1602.山根 猛
「水産業」を主題にしながら、水環境、環境問題、エネルギー関係等、幅広い分野において講演会を行います。
小学校高学年から社会人まで、さまざまな年代層を対象に講演会の実施経験があります。

過去の実績
・2007年 湖にやさしい伝統漁法について話題提供 一般 琵琶湖博物館特別研究セミナー
・2007年 琵琶湖の魚と漁業 小学5年生を対象に説明
 琵琶湖博物館にて
・2007年 PNフアンド報告会(琵琶湖漁業を考える会)東京
・2012年 漁業と環境 淡路島にて地元漁協青年部との座談会にて話題提供 漁業者
・2013年 内水面漁業における6次化について 話題提供(下関) 一般
・2014年 日吉中学校 生徒を対象に琵琶湖漁業・環境について 中学生
・2015、2016年 琵琶湖を戻す会の情報交換会にて話題提供 一般
 
[対象:小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人]
[エリア:全域]
A1606.UCC上島珈琲株式会社 滋賀工場
「UCC滋賀工場見学〜ファクトリーツアー〜」を通じて、飲料容器原料使用量の削減や容器材調達方法の変更により輸送に伴うCO2削減を実施中。滋賀県内で唯一のバイオマスボイラーの導入により、製造過程で排出される廃材(コーヒーの搾りかす)を燃料として活用し環境負荷の低減を行っている。
[対象:小学生(低学年) 小学生(高学年) 中学生 高校生 大学生 社会人 家族 職場 自治会]
[エリア:全域]
 次へ→  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |