滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る

ホームページの使い方サイトマップ滋賀県環境学習センター滋賀県 これからの催し環境へのとりくみ環境データ環境学習をめぐる動きその他
google
滋賀県の環境学習情報 エコロしーが トップに戻る はじめての方へ 学習プログラム 教えてくれる人たち 学べる場所 環境学習講座

図書・ビデオ類の貸し出し

トップページ>環境学習をめぐる動き 滋賀県では・・・
環境学習をめぐる動き

滋賀県では・・・

 本県は、四方を山々に囲まれ、湖の周りに130万人を超える多くの人々の暮らしがあり、人と環境との関係が見えるという地域的な特徴を有しています。こうしたことを背景に、昭和40年代から、琵琶湖をはじめとする滋賀の豊かな自然環境を保全するため、県民一人ひとりの実践をもとにした環境美化活動が継続して行われてきました。また、県民は、琵琶湖の富栄養化などの水環境問題に直面したときも主体的かつ積極的に取り組み、一人ひとりの力は小さくても、それらが集まれば大きなパワーとなり社会の有り様をも動かし得るという経験を持っています。こうした気概が現在にも受け継がれていることは、環境を守るために今の生活様式を見直すことへの認識が高いことにあらわれています。

 ベオグラード憲章が採択された頃から、本県においても環境教育という言葉が使われるようになり、翌年の昭和51年(1976年)には、「環境教育実践事例集」(小学校編)が県教育委員会から発行されています。昭和55年(1980年)には、すべての教員が環境教育を指導できるようにするための環境教育副読本「あおい琵琶湖」が発行され、今日まで改訂を重ね、学校教育における環境教育の理念の普及を進めています。また、昭和58年(1983年)からは、子どもたちの宿泊体験学習の場を琵琶湖に求め、県内の小学校の5年生全員を対象に、湖上に浮かぶ学習船「うみのこ」によるびわ湖フローティングスクール事業を実施しています。

 平成8年(1996年)3月に制定された滋賀県環境基本条例で、県民等による環境の保全のための行動を促進する施策として環境学習を位置付け、平成15年(2003年)10月に策定された滋賀県中期計画および平成16年(2004年)3月に改定された新滋賀県環境総合計画においては、環境を支える人づくりを主要施策や戦略プロジェクトとして位置付けて推進することとしています。この間、平成13年(2003年)5月には、滋賀県環境学習懇話会から「滋賀らしい環境学習を進めるために」について提言がなされました。また、平成16年(2004年)3月には、県民、NPO・地域団体、学校、事業者、行政等が、それぞれの責任と役割を自覚して主体的かつ積極的に環境学習に取り組み、地域を愛する心を育み、滋賀の豊かな環境と地球環境を健全な姿で次世代に引き継いでいくための行動や生活様式の創造をめざして「滋賀県環境学習の推進に関する条例」が制定されました。

 今後、地域の特性を活かした多様な環境学習の機会を提供し、取組の充実や広がりを図るためには、既に取り組まれている環境学習の場や機会づくりを担っている主体への支援をはじめ、各主体が連携・協力できるようコーディネートすることが必要となってきています。そのため、法律および条例に基づき、すべての県民の主体的な環境学習が協働と連携のもとに効果的かつ適切に実施されるよう、基本理念、各主体の取組の方向および県民等が行う環境学習への支援等を明らかにし、もって環境学習の体系的・総合的および効果的な推進を図るために、「滋賀県環境学習推進計画」を策定しました。

 「滋賀県環境学習推進計画」では、基本理念のもと、滋賀の豊かな環境から恩恵を受け、暮らしを営みつつ独自の文化を築きあげてきたことや、環境へのさまざまな取組を先駆的に取り組んできた気概をさらに発展させ、多角的な環境学習により環境への関心と問題解決能力を高め、「持続可能な社会づくりに向けて主体的に行動できる人づくり」をめざすこととしています。


【めざすべき湖国の環境像】
 大気は清浄ですがすがしく、河川は森林などが流域ごとに守られ、人里近くではホタ ルが飛び交い、身近に小動物などが生き生きと活動している。
 琵琶湖は、安心して飲み水にできる水質が確保されており、ヨシが豊かに繁り、ビワ マスやイサザやニゴロブナなどの固有の生物が健全に生息しており、四囲の山々や大空 でも生息する野生生物の種の豊富さが湖国の生態系の健全さを証明している。
 街は、人との出会いの場、文化や芸術などを楽しむ場として、個性と魅力に満ちてい て、また、こどもと遊べる原っぱや水辺が再生されている。音環境に配慮したまちづく りが進められ、地域にふさわしい音風景が、みんなの手で守られている里山などの身近 な自然や、歴史的な環境の価値を一層高いものにしている。
 そして、自然に働きかけ、その恵みを受ける農業や林業、水産業などが、他の産業と ともに環境に調和した形で生き生きと営まれている。
 県民は、便利さや効率性だけを追い求めるのではなく、くらしの中で環境への負荷を 継続的に低減し、自然に学び、自然と共に生きることを誇りとしている。このような取 組の結果として、湖国の風景が、落ち着きのある滋賀らしいものとしてだれもが確認で きる状態となっている。

(新滋賀県環境総合計画−「めざすべき湖国の環境像」)


琵琶湖博物館 境学習センター

〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091 滋賀県立琵琶湖博物館内

tel:077-568-4818 fax:077-568-4850 e-mail:ecolo@pref.shiga.lg.jp

Copyright(C) Shiga Prefecture. All rights reserved.